apple iphone8 ケース バッテリー

iphone8 ケース白ロム使い方2

これから引越しなどの機会、もしくは日常的にインターネットを使うためにポケットWi-Fiの契約を考えたことはないでしょうか。ポケットWi-Fiは持ち歩けるルーターとして便利ですし、スマホのデータ通信SIMを利用していない人にとっては必須とも言えるツールです。

そこで本記事では、おすすめのポケットWi-Fiについてご紹介していきます。それぞれのポケットWi-Fiでどんなメリット、デメリットがあるかを確かめ、ポケットWi-Fi選びに失敗しないようにしていきましょう。

本記事では、WiMAX以外のモバイルWi-FiをポケットWi-Fiとして扱って紹介しています。予めご了承ください。
スポンサーリンク

実はそこまで重要じゃない通信速度の理論値

ポケットWi-Fi各社で最大通信速度を公開している事を知っている方がほとんどかと思います。350Mbpsだったり、ルーターによっては700Mbps出たりすると書かれていますが、実はそこまで最大通信速度は重要ではありません。

なぜならば、この数値は理論上ここまでの通信速度がでるというだけで、実際に使ってみると100Mbpsすら出ることなんてないのです。

なので、最大通信速度の数値に騙されないようにしてください。どのポケットWi-Fiでも10Mbps~30Mbpsくらいを通信速度の目安として考えておいたほうが良いです。

通信速度制限の方が重要

最大通信速度はそこまで重要ではありませんが、通信速度制限に関してはしっかりとチェックしておきましょう。

例えばですが、ポケットWi-Fiを提供している3社の速度制限は次のようになっています。

月間通信量 3日間制限 制限時間 制限後速度
ドコモ 5G 128kbps
au 7G
無制限
10GB
(無制限時)
18時~翌2時まで 1Mbps
ワイモバイル 7G
無制限
10GB
(無制限時)
18時~翌1時まで 1Mbps

このように、ドコモに関しては無制限プランは存在せず、月間5GBのデータ通信が終わると通信速度が128kbpsまで制限されてしまいます。この状態ではYouTubeも見られず使い物になりません。

次の3ポイントも比較的重要

様々なポケットWi-Fiが各社から販売されていますが、私がポケットWi-Fiを契約したときに選んだポイントは次の3点です。

  • 通信最大容量(無制限の有無)
  • 繋がりやすさ(対応エリア)
  • 月額料金&契約期間

【1】通信最大容量(無制限の有無)

基本的に通信データ容量無制限のポケットWi-Fiを選ぶ人がほとんどですが、もしかすると月間7GB程度使えれば良いと考えている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

個人的には自分に合った通信容量を選ぶのがおすすめです。とは言っても、何をすればどの程度パケットを消耗するかが不明かと思いますので、一般的な通信量の目安を下記に記します。

用途 月間7GB
メール送受信 14,000通
ニュースサイトの閲覧 24,400ページ
YouTubeの視聴(中画質) 31時間
音楽のダウンロード 1700曲

ゲームの通信量はプレイしているゲームで変わるため、上記表には含めませんでした。Youtubeを見るならば7GB制限ですと、1日当たり60分程度しか視聴できないので注意が必要です。

これらの条件を絶対に満たせるのでしたら、月額料金も安い月間7GBまでのプランでも大丈夫です。もしこれ以上パケットを使うのでしたら、通信量無制限のポケットWi-Fiを選ぶことをおすすめします。

【2】繋がりやすさ(対応エリア)

ポケットWi-FiはWiMAXと違い、4GLTE通信となります。そしてその4GLTEの通信網は、ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルのいずれかの回線に該当します。

この事を踏まえると対応エリアのイメージとしては、各携帯会社のLTE通信エリアを想像してもらえると良いかと思います。各社のLTE対応エリアの調べ方は下記の通りになります。

ソフトバンクとワイモバイルのLTE対応エリアは基本的に同様になります。また、各社LTE通信を提供していますが、山間部や沿岸部で繋がりやすさが変わってくるので注意してください。

比較的山間部でもつながりやすいと言われているのがドコモです。

【3】月額料金&契約期間

最後に見るべきポイントは月額料金と契約期間でしょう。月額2000円から使えるポケットWi-Fiもあれば、月額5000円もかかるポケットWi-Fiもあります。その差は通信容量が無制限かどうか、無駄なオプションがついていないかなど、様々な要因があります。

もう一つ見るべきポイントは契約期間です。ポケットWi-Fiを安く提供しているからお得だなと感じることが多いのですが、実は契約期間を見れば他のポケットWi-Fiと料金がそこまで変わらないケースもあります。

例えば、Yahoo!のポケットWi-Fiだと月額1,980円から利用可能となっていますが、契約期間は3年間となっています。おまけに13ヶ月目からは2,480円となり、契約解除料は契約した月から徐々に減っていくスタイルとなっています。ちなみに0ヶ月で解約すると契約解除料金が38,800円かかり、2年後の解約でも20,480円も違約金を取られてしまいます。

  • ポケットWi-Fiをどの程度の期間使うのか
  • 本当にその期間での月額料金は安いのか

条件によってはポケットWi-Fiをレンタルした方が安くなります。ポケットWi-Fiレンタルのほうが安くなる期間や料金、使用感などについては下記記事にまとめていますので参考にしてみてください。

ポケットWi-Fi各社比較,iphone x ケース スライド

ここまでのポイントを踏まえ、ポケットWi-Fiを提供している下記サービスをそれぞれ比較していきます。

  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク
  • ワイモバイル
  • iPhoneのケース8と1
  • NEXTmobile

それぞれ無制限プランが用意されているポケットWi-Fiは、その月額料金を掲載していきます。(2018/3/10時点)

【1】ドコモ

ドコモのポケットWi-Fiを一人で使う場合、次の料金プランが用意されています。ルーターは別途購入が必要です。

上記料金にオプション料金を追加するとポケットWi-Fiを使うことが出来ます。

ドコモユーザーの場合は月額1,900円追加することでモバイルWi-Fiルーターを使えるようになります。使えるパケット量は、現在スマホで契約しているデータプランになります。別途ポケットWi-Fi用にデータ追加されるわけではないので注意してください。

一方でドコモユーザー以外の場合は、データ通信のみのプランを選択できます。月額1,400円に加えてパケットパックを契約するだけで利用することが出来るのがドコモユーザーとの違いです。データSプランであれば月額4,900円で利用可能です。

しかしながら、通常のパケットパックが使えるようになるだけなので、データ無制限で使えるプランも存在せず、いまいち使いにくいのがドコモのポケットWi-Fiです。おまけに無制限でもないのに2GBプランでも4,900円と高すぎます。

【2】au

auでは様々なモバイルWi-Fiプランが用意されています。

ですが、ポケットWi-FiではなくWiMAXのプランであるため、今回の主旨からは外れています。更に言ってしまうと、WiMAXのプロバイダの中でもauは比較的高額なのでお得感はそこまでありません。auのポケットWi-Fiについてもっと詳しく知りたい方は、下記記事を御覧ください。

【3】ソフトバンク

ソフトバンクのポケットWi-Fiは、データ通信無制限で使えるプランがなく、更に言うと7GB制限なのに月額料金がかなり高いです。上記料金に加えてモバイルWi-Fiルータの機種代金も発生するので注意が必要です。

ここまで大手携帯会社3社を見てきましたが、無制限のプランを提供している会社がauのみです。しかしながら、WiMAXの契約となってしまうので今回のテーマの主旨からは外れています。

正直な所ここまでは、どのポケットWi-Fiもおすすめできません。

【4】ワイモバイル

ワイモバイルのポケットWi-Fiは、データ通信制限が設けられていますが、アドバンスオプションを設定することでデータ通信無制限で利用することが出来ます。しかし、3日間で10GB以上利用してしまうと当日18時から翌日の1時まで速度制限がかけられてしまうので注意が必要です。

表上では、ポケットWi-FiプランLとポケットWi-Fiプラン2を比較すると月額料金以外は同じです。しかし、ポケットWi-FiプランLは最初からアドバンスモードオプションが設定されているコースなので、別途オプション契約が必要ありません。逆にポケットWi-Fiプラン2でデータ通信無制限で使う場合、月額684円(ベーシックプラン以外)をプラスしなければなりません。

ですが、アドバンスモードは「対応エリアの狭さ」という最大の弱点があります。各都道府県の主要都市では大抵使えますが、そこから少し離れると使えなくなる事が多いので注意が必要です。

また、3年契約のプランがほとんどなので、早期の違約金が高いことも忘れずに。

【5】Yahoo!ポケットWi-Fi

Yahoo!のポケットWi-Fiは、実質ワイモバイルと変わりありません。利用している回線もワイモバイルなので、通信エリアも当然ながらワイモバイルのLTEエリアとAXGPエリアとなります。

Yahoo!のポケットWi-FiはYahoo!プレミアム会員に加入しているユーザーですと月額1,980円から利用できる業界最安値級のポケットWi-Fiです。

しかし、13ヶ月目以降からはキャンペーン適用が外れ、通常価格の2,480円での利用となります。

データ通信無制限のデータプラン2では、アドバンスモードが最初から付与されています。ですが、ワイモバイルのポケットWi-Fi同様にアドバンスモードは対応エリアが狭いことに注意してください。

もし月に5GB程度の通信で良いならば、Yahoo!ポケットWi-Fiは比較的おすすめできます。通信容量をプラスしたい場合は500MB/500円で追加可能です。

【6】NEXTmobile

NEXTmobileはソフトバンク回線を使っているため、LTE通信エリア等も全てソフトバンクと同じになります。

NEXTmobile最大の特徴は3日間10GBの制限がないことです。しかしながら、月間データ量が20GB/30GBの2つしか用意されていないのが最大のネックポイント。もしこれに無制限プランが存在していた場合、ポケットWi-Fiの中ではもっともおすすめできるサービスと言えました。

しかしながら、20GBのプランでも月額料金3,000円切っているので、月にこの程度までのパケット量を使うのでしたらおすすめできるポケットWi-Fiと言えます。無制限以外のポケットWi-Fiの中なら最もおすすめです。

結論:どのポケットWi-Fiも一長一短だが…

結論から言うと、どのポケットWi-Fiを使っても全てのニーズを満たすことはできないでしょう。

特に3日で10GB制限など、本当の意味でのデータ無制限プランを探している人の場合、ポケットWi-FiはおろかWiMAXでもその条件を叶えるのは難しいです。

今回紹介した中でおすすめできるポケットWi-Fiは、「NEXTmobile」となります。自宅の回線代わりに使う場合はデータ通信無制限ではないので、ネットゲームなどをする人にとっては物足りないかもしれません。

ですが、YouTube等を見るくらいの用途でしたら、月間20GB、もしくは30GB以内にパケット量が収まる可能性もあります。まずはご自身が1ヶ月でどの程度のパケット量を使うかを確認してから、ポケットWi-Fiを選ぶことをおすすめします。

また、レンタルにはなりますが、無制限で使えるポケットWi-Fiを3日間で15GB程度のデータ通信を行い、本当に無制限かテストをしてみました。その結果、月額に直すと多少割高ですが、本当の意味で無制限で使えることがわかりました。

詳しくは下記レビューを参考にしてください。

スポンサーリンク
シュプリーム iphone x ケース 本物
iphone8 ケース アウトドア
iphone8plus 手帳 型 ケース かわいい

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

ABOUTアイフォン 8 plus ケース アイ フェイス

iPhone・Androidを中心にガジェットのレビューや、Webサービス・スマホアプリの使い方などを紹介しています。 広告掲載・レビュー依頼等はフッターの「広告掲載・商品レビューについて」からご連絡お願いします。